ブログ

屋外でのアプローチ法

From:佐々木 祐也

 

 

今回はいつもと違った感じでいこうかと

 

屋外で動画を撮っております。

 

 

これ撮ってる時、患者さんの施術前、お店に向かう途中だったんですね。

 

ということで、外出している時に

認知症に対してアプローチできる方法をご紹介

 

 

患者さんやご家族さんと外を散歩している時などに使えるかと。

 

この方法で海馬の機能低下によるもの忘れに対して

いい刺激を与えることができます。

 

 

ぜひ、試してみて下さい!

 

お母さんのもの忘れは海馬からくるものでしょうか?

それ以外の可能性もあります。

LAPREでの検査ではそれらをはっきりさせることができます

詳しくはコチラで

実は便秘かも

厚生労働省の調査によると、70歳以上の10人に一人は便秘だそうです

 

 

この10人に一人は自覚がある人の割合なので

 

自覚のない人を含めるともっと多くの人が便秘であると言えます

 

 

うちの院に来られる方で快便という人はいないくらい

 

認知症と便秘の関わりは深いです

 

 

記憶障害を改善させる!

From:高松 英嗣(日本認知症リハビリテーション協会)

治療院より

 

 

 

あなたはこんな症状がある認知症の人をどーやって治しますか?

1分前に会った人の事を忘れたり

電話で話した内容を全て忘れていたり

ずっと探し物を探していたり

 

 

 

そんな人は、、、

 

 

 

記憶障害があるんですよ。

 

 

 

記憶障害は沢山いる認知症の方々の中でもっとも多く認めます。

 

 

 

本日の動画は認知症の中核症状でもっとも多く、もっとも有名な「記憶障害」に対しての治療を行っています。

 

 

 

えっ?何でこの治療?って思うかもしれませんが、コレが良いんですよ!

 

 

認知症の家族をなんとかしたい!っと思っている方はこちら

こちらをクリック

 

 

【ブログのポイント】

認知症改善

認知症予防

大阪

吹田

千里山

悲惨な家族…

 

from:吹田市のスタバより

 

・スグに怒る家族

・自分の都合を言う家族

・協力しない家族

 

これを見て何を考えますか?

 

ただ、僕が思うのは

週1回、通う患者さん。

 

もし、認知症を本気で改善させたいなら、

効果を最大限にしたいなら、

ご家族の協力が必要です。

 

なぜなら、

1週間の168時間のたった1時間…

音楽って本当に意味ある?

From:箕浦 真希

あなたは、普段音楽を聴きますか?

 

私自身は学生の頃に比べると聴くことも少なくなりましたが、でもやっぱり聴くのは好きですね。

 

高校生の頃に父が車で塾に送ってくれたりしていたんですが、うちの父は音楽があまり好きでなく、

行きの車の中で私が音楽を聞いていると、迎えにきた頃には

必ずミュートになっていました笑

 

そうやって、音楽が嫌いな人もいますが、

好きか嫌いかは別として、

音楽って認知症やうつの治療に効果があると思いますか?

 

よく精神科等で「音楽療法」っていうものを耳にすることもあると思いますが、、、

 

答えは「ある」で間違いはないんです。

 

でも、どんなものを聞いても良いというわけではありません。

 

アトピーが高齢者にいない理由

from:吹田市のスタバより

ずっと

僕は不思議に思っていました。

少し体調を崩したり、身体に

変化を感じるとスグに肌が荒れます。

カサカサに乾燥して、痒くなって…

そう、アトピー性皮膚炎ってやつ。

でも、想像して見てください。

高齢者でアトピーの人って

今まで見たことがありますか?

僕は今まで出会ったことがありません。

なぜか?

答えは…

黒いブラシで脳の評価・治療する

From:高松 英嗣

夙川より

 

 

今日は西宮にある夙川の川沿いを歩いています。

 

 

さて、、、

 

 

僕は2ヶ月くらい前に須藤さんから「ある黒い物」を頂きました。

 

 

使い始めて2ヶ月、、、。

 

 

 

やめられません。

 

 

 

なかったらヒヤヒヤします。。。

 

 

「ある黒いもの」ってなに?

 

公式ライン@ではライン@でしか観れない実際の患者さんの治療場面を公開しています。

治療動画を観る

プロの手で認知症を改善したい方はこちら

http://www.lapre-reha.com/

 

【文章】

須藤さんから【俺のブラシ】というシャンプーをするときに使用する黒いブラシを頂いたんです。

 

いざ使ってみると、、、

 

めっっっっちゃ気持ち~~~です!

 

お風呂を入る理由も、体を綺麗にするより、ブラシでシャンプーするためにお風呂へ入っているようなもんです。

 

ホテルに泊まった際、あれを忘れて次の日は調子が悪かく落ち着きませんでした。

 

僕の父も祖父も60歳を越えると頭が…なので出会えてよかったです。。。

 

そして、あれを僕にあげようと思って頂いた須藤さんの気持ちに感謝です。

 

そしてあのブラシに驚いた事があります。

それは、、、

疲れているところや機能低下しているところをこすると非常に痛いんですよ。

つまり、あのブラシを使う事で評価できます。

パソコンを長時間使った時は頭頂葉をこすると痛い。

ずっとイヤホンをしていると左側頭葉が痛い。

でも、擦っているうちに痛みが取れてくる。

 

初めは痛いですが、使い続けていると「痛みの向こう側へ」たどり着きました。

 

あのブラシは認知症の方へはオススメです。

 

だって、痛いところ(機能低下している箇所)を擦っているうちに、痛みがなくなりスッキリするんですから。。。

 

須藤さん本当に感謝です。

あと、、、10月のカット楽しみにしています。

 

 

 

【ブログのポイント】

認知症予防

認知症改善

日本認知症リハビリテーション協会

家族の顔もわからない、、、これだけ重度だと認知症は治りませんか?

From:箕浦 真希

 

仕事終わりの事務所より、、、

 

最近、こんな質問を受けました。

「家族の顔もわからない状態です。ここから認知症を改善するのは無理ですよね?」

 

家族の顔がわからない、というのは教科書的には

重度な状態。

 

でも、本当に改善しないと思いますか?

結論、改善は可能です!

 

なぜなら、、、

 

ちょっとした事で、より深く理解できます、、、

From:佐々木 祐也

 

 

ウチに通ってくれている患者さんのご家族さんから

 

「本人をもっと理解できる出来事がありまして、、、」

 

 

話を聞いてみると、それはとても大事なことでした。

 

これを知っているか、知らないかで

改善するスピードはかなり変わってくるでしょう。

 

 

内容としては、あなたは「そりゃあ、そうでしょ」なんて思うかもしれません。

 

でも、当事者からすると、これにはなかなか気付けなかったり、、、 

 

 

だからこそ大事になってくる。

ご家族さんだけじゃなく、セラピストさんにも使えるポイントですね。

 

 

やはり、いろんな角度で物事を見ないといけませんね。

そうする事で、より改善のスピードが上がってきますね。

僕らの実績はコチラ

ここをクリック

こんなことでドーパミンの話をしたのはたぶん私だけ

見ての通り、今日は外で撮っています

 

 

場所はヤフオクドームです

 

 

関ジャニのコンサートのために福岡まで行きました

 

 

10年以上、ずっと好きで毎年行っているんですが

 

 

そのときの私の頭の中ではこんなことが起こっています

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 31